担保とは何?

では、海外不動産投資を行う土地でも組める不動産担保ローンのことを説明します。
不動産担保ローンとは、自分が所有している不動産を担保にして低金利でお金を借り入れすることができます。
例えば、新しい家を建築する必要の為に現在住んでいる住宅を担保にしてローンを組むことができます。
不動産を担保にするというのは、もし返済が出来なくなった場合は融資してくれた金融機関によって差し押さえされて売却をされます。
その売却された金額は、返済できなかった分を返済の対象として扱うことができます。
勿論、返済金額を超えれば自分の手元に戻ってきます。反対に売却しても完済できなければ、その残りは自分で返済することになります。

しかし、基本的に不動産担保ローンの金利は安いです。それに、担保対象となる不動産の相場に合わせて融資額を決めています。
ですので、その融資額以上の返済額というのはほとんどありません。